カウンセリングサロンArkのBlog

東京都杉並区にある、臨床心理士によるカウンセリングサロンArkのBlogです。

*疲れとうまく付き合っていきましょう*

こんにちわ。
カウンセリングサロンArk(アーク)杉並の三田村です。


とうとう梅雨明けしましたね。関東は取水制限についてもいろいろいわれてますね。

いやー、暑い。何だかんだと走ることは続けていますが、日中走るのは自ら倒れに行っているようなもんだなぁと思い、もっぱら夜走ってます。それでも暑いものは暑いですね…。


さてさて、カウンセラーたちも各々の息抜きや過ごし方を書いていましたね。

私の息抜きはもっぱら本や漫画を読むことでしょうか。
最近は『神様も知らないこと』という小説を読みました。姉妹が中心の話なのですが、亡き両親や隣人とのやり取りにいろいろな意味でぐっときます。
あとは、『魔法使いの嫁 公式副読本』なるものを買ったので、時間があるときに読んでいけたらなと思います。


皆さんは、どんなときに"疲れ"を意識していますか?
「体がだるくなったとき」や「集中力が続かないとき」、「"ストレス溜まったな~"・"疲れたな~"と思ったとき」などいろいろなタイミングがあると思います。

そして、「疲れたな」と気付いたときにどのような息抜きをされますか?
「体を休める」、「好きなことをして過ごす」など個人個人のやり方があると思います。

ここで気がかりなのは、ご自身の"疲れ"に気づけなかったときです。
心身ともに疲労が溜まったとき、ストレスの負荷が強まったとき、思わぬ影響が心身に見られることがあります。

ご自身では疲労を感じられてなくても、「以前出来ていたことができなくなっている」や「集中することが難しくなっている」、身体的に問題がないのに「体に痛みなどの変化がある」といった方は、一旦立ち止まってみてくださいね。心身からの疲労やストレス過多のサインかもしれません。

カウンセリングサロンArk(アーク)でも、息抜きの方法や負荷の減らし方を皆さんと一緒に話していくことが可能です。ご興味がある方はぜひ、お問い合わせください。

もちろん、「疲れたとは思ってないけど、なんか最近今までと違うぞ」、など、違和感を感じる方もどうぞご利用ください。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


三田村