カウンセリングサロンArk(アーク)杉並のBlog

東京都杉並区にある、臨床心理士によるカウンセリングサロンArkのBlogです。HPはこちらになります→https://arksuginami-cs.jimdo.com

ブギーポップと思春期

  ブギーポップのアニメが始まりましたね。最初に読んだ時はまさか、こんなに時を経て原作がアニメになるなんて思いませんでした。

 この作品は正直、いろんな思い入れがありすぎて、なかなか書き始められなかったのですが、書き始めないことには終わらないので、見切り発車で書いています。

 

 どうも、カウンセリングサロンArk杉並カウンセラーの加藤です。

  

 今回は『ブギーポップは笑わない』というアニメ作品について書いていきたいと思います。これは、原作はライトノベルで1998年に1作目が刊行され、現在でも続編が出続けているという長寿シリーズとなります。気づけばもう20年超えてたんですね。

 ライトノベルというものがどういうものかというのも、話せば長くなりそうなので、簡単に説明すると表紙や挿絵がアニメ風の若者向け(?)の小説です。

 

boogiepop-anime.com

 

 この作品は発行された当時ファンタジーが主流だったライトノベル界で話題となり、人気シリーズとなりました。実は前にもアニメ化もされていたんですが、こちらはアニメオリジナルストーリーとなっていて、今回のように原作準拠のアニメは初となります。またコミカライズや実写映画化などもされています。映画の評価はあまり語らない方がいいかもしれませんが(笑)

 

 この原作は一人一人のキャラクターに焦点を当てて描かれる群像劇となっています。そのため、時系列が一見してわかりづらくなっています。アニメの一話では、その後のストーリー全体の時間軸を一人の視点から描いていて、さらにその人物はその後の事件についてほぼ関わりがないので、原作未読の方からすると何がおきたのかよくわからなかったかもしれないですね。

 

 ブギーポップは基本的には世界の敵と呼ばれる存在に反応して、自動的に浮かび上がってきて、それを倒す存在です。浮かび上がってくるときには特定の人間がその器の役割を果たします。

 ただ、このブギーポップは女子高生の間で『その人が人生で一番美しいときに殺してくれる死神』という噂の存在として語られています。

 

 内容の説明をしようとすると長くなってしまいますが、基本的には世界の敵とブギーポップの戦いがメインとなっています。

 

 しかし、そこに世界を管理するシステムである『統和機構』、その中心である『中枢(アクシズ)』、その手先である『合成人間』や『構成員』などが絡んできます。また、普通の人間の中にも超能力に目覚め、進化した人間である『MPLS』と呼ばれる存在も物語では重要なカギを握ってきます。

 

 ただ、こういった設定がありつつも、それだけにはとらわれないキャラクターそれぞれの心情描写がとても巧みに描かれている作品です。

 

 思春期によくあらわれる悩みや不安が、この作品では上手く描写されていて、以前私が書いた『けものフレンズ』の記事で紹介した『アイデンティティ』の確立なども大きなテーマになっているように思います。

 

arkcounseling.hatenablog.com

 

 

 思春期は身体においては第二次性徴を迎え、大きく変化をしていく時期です。それに伴って精神の方も影響を受け、不安定になりやすい時期になります。また、受験や就労など人生における重要な選択をする場面もあり、将来についての不安や、自分は何者であるかという悩みが出てくるときでもあります。また、恋愛なども問題になってくる時期でもありますね。

 

 さらには、そういった現実的なものとそこから地続きにあるSF的な非日常のバランスがとても私には刺さりましたね。もしかしたら、自分たちの暮らしている世界も薄皮一枚はがせばそこには非日常が転がっているのではないか、そんな気にさえなりました。

 

 出てくる登場人物の心情がリアルで、それ自体は自分のことや身の回りのことに向けられているのに、いつの間にかそれが世界との関係性などに替わり、物語が進んでいきます。私はそこにとてもわくわくして読んでいました。

 

 現代では、この本が出版された当時とは状況は変わってきており、どれだけ共感できるかはわかりませんが、興味があったら是非原作やアニメに触れてみてください。

 

 語り足りないところも多くありますし、思春期の説明などもざっとしたものになってしまいましたが、文字数も多くなってきたのでこの辺で。

 

※よろしければこちらもご覧下さい

 

カウンセリングサロンArk(アーク)のホームページ

arksuginami-cs.jimdo.com

 

カウンセリングサロンArk杉並のTwitter

twitter.com

 

カウンセリングサロンArk杉並のインスタグラム

www.instagram.com