カウンセリングサロンArk(アーク)杉並のBlog

東京都杉並区にある、臨床心理士によるカウンセリングサロンArkのBlogです。HPはこちらになります→https://arksuginami-cs.jimdo.com

暑さを凌駕したい、もといどうにもならない状況の話

こんばんは☽

気付いたら1か月近くブログをさぼっていました。わーお…

カウンセリングサロンArk(アーク)杉並の青木です。

最後に書いた6/16のブログを見ると、「寒い!」って書いてありました。

季節の移り変わりを感じますね~!

ブログ放置しすぎ~!

 

いや~、ここ最近は猛暑にうんざりしている次第でございます。

極力外に出たくない★

まぁそうも言ってられないので出てはおりますが…あつ~い!

 

皆さまはいかがお過ごしでしょうか??

暑さ対策、どうされてますか??

 

私のオススメは、“冷水でシャワーを浴びる”です。

ガス代の節約にもなりますからめっちゃオススメです。

お風呂から出た後しばらく涼しいのもよきですね!

なんなら寒いときもあるので、体調が優れない時と精神が疲弊している時は、経済的に切迫していなければ無理は禁物です。

 

あとは“水を飲む”。

これは涼しさに直結しているかは謎ですが、とりあえず脱水状態は避けられるかな!と思います。

蛇口を捻れば勝手に出てくるというお手軽さもなかなかですね。実用的!

 

あとは、アイスを食べているとか、極寒に身をおいているとか、海水浴にきましたとか、“なんか涼しいシチュエーションやイメージ”を妄想してやり過ごす…とかもあります。

あまり効果は感じませんが、ここぞとばかりに、「私は心理士!」という意識でもってやり過ごします。

 

…人間、コントロールできない状況に置かれると、どうしようもない無力感に襲われ、無気力状態になりますよね。

もう何も頑張れな~い!

 

さてさてそんな訳で本日は、

自分の努力ではどうにもならない状況にどう対処するか?

ってとこでお話していきたいと思います。

 

こういう状況は、生きてる限り大なり小なり遭遇してしまうものだったりします。

なんなら誰もがしょっちゅうぶち当たっていると思います。

 

学校や会社、家族や友人、恋人、家の中でひとりきりでも、そんな状況は頼んでなくても勝手にやってきてしまいます。

「え?私何もしてないのに…」

と、ぼーぜんとするしかない状況理不尽な状況ってやつです。

はたまた、客観的に見ても聞いてもハードなことに限りません。

傍から見れば安定した日常だって、本人にとって、日々変わらない、ものたりない日常と感じているならそれに入ると思います。

変化のなさゆえの、どうにもならなさってやつですね。

刺激はなさ過ぎてもストレスになることがあります。

 

はっきり言ってしまうと、

物理的にどうにもならない状況はどうにもなりません。

どうにかなったらどうにかしてますから。

 

「じゃあどうしたらいいんだってばよ!!!」

って感じですよね。

 

物理的にどうにもならない、コントロールできない状況のストレスは、自分の心持ちをコントロールすることでいくらか軽減できます。

まさに心理!ですね。

 

まぁそうは言いましても、自分の心持ちをどうにかするって、結構一筋縄ではいきませんよね~。

なので、明日からでも使える簡単なところから、行動と考え方をご紹介させていただこうと思います。

どれか1つでもできたら、少し楽になるかもしれません!

 

その1『問題に関係ない行動で変化を加える』

今までやらなかった行動で、生活に活かせる行為をしてみてください。

自分偉いじゃん!って一瞬でも感じられるような動作を実行してみてください。

1日ひとつでいいです。所要時間は10秒~1分くらいで。

お手軽なもので。めんどくなったら途中でやめてOKです。

例:靴をそろえる。洗濯物を1枚たたむ。棚のホコリを払う。流しをテキトーに磨く。本を読む。深呼吸する。腹筋3回する。机をオオザッパに片す。などなど。

 

その2『自己責任で帰結しないこと』

「なんでこうなっちゃったんだろ、日ごろの行い?」

「あの時こうしておけば…」

実際、完全に自分のせいだったな!ってこともあると思いますが、過度な自分への責めは次のステップへ進むこともはばみます。

開き直りましょう。悪いことじゃないです。

本当はそう思えなくても、思っていても、少しでいいので、

「いや、タイミングのせい」

「なんならあいつのせい」

と、自分以外のせいにすることも時には大事です。

それを口外するのは微妙ですが、口にしなけりゃ何思おうが自由です。

あとは、そう思う自分を責めずに、

「そう思わないとダメなくらい自分追い詰められてるかもな~」

と、自分の弱さとか不安を受け入れられるといいかもですね。

漫画や小説でもよくあるテーマです。自己受容。

弱くても不安でも、そこまで思うほどに、なにかに立ち向かった、あなたに勇気があることは事実です

 

その3『状況から逃避・回避する』

逃避・回避というと、もしかしたらネガティブなイメージが強いかもしれません。

いえいえ!これは立派な対処方略です。

一瞬でもいいので、その状況がチラつかないくらい、別の楽しいことをしてみてください。

お金があれば、映画を観るとか、美味しいものを食べるとか、なければテレビを見るとか、ウィンドウショッピングするとか。

いや、楽しいことは無理!ってことも往々にしてあると思います。

なのでそういう場合は、家事をするとか、その辺を5分走ってみるとか、多少の負荷はあるけれど、マイナスにはならないことをしてみてください。

 

若干長くなってしまったので、また次回、続きを書かせていただきます。

次は早々に…少なくとも1か月後とかにはならないようにしていきたいです…

 

お読みいただきありがとうございます。

それでは、皆さま、暑いので、熱中症にはくれぐれもご注意くださいませ。

ではまた~!

 

🌸こちらもご覧いただけると嬉しいです🌸

カウンセリングサロンArk(アーク)杉並のホームページ

arksuginami-cs.jimdo.com

カウンセリングサロンArk(アーク)杉並のTwitter

twitter.com

カウンセリングサロンArk(アーク)杉並のInstagram

www.instagram.com